ご葬儀の種類 ~神式~

神式葬儀について

神道による葬儀は、死の汚れを清め、亡き人を一家の守護神としてまつるための儀式で「葬場祭」といいます。

臨終後に行うこと

  • 神棚および祖霊舎(それいしゃ)の前面に白紙を貼ります。
  • ご遺体は北枕(北首仰臥(ほくしゅぎょうが)に寝かせて枕飾りをし、枕直しの儀式を行います。
  • 神式で儀式をつかさどる人を斎主と呼び、斎主と随である祭員の人数について打ち合わせをします。
  • 斎主と霊璽、銘旗の打ち合わせをし、筆書きを依頼します。
  • 白衣の死装束を着せた後、納棺します。

通夜祭

故人に礼を尽くし奉仕する儀式です。

  • 斎主をお迎えし、通夜祭の中で式場のあかりを消し、故人の御霊を霊璽(れいじ)に移す遷霊祭(せんれいさい)を行います。

手水の儀

手水で身を清めてから会場に入ります。

左手を粗い、右手を洗います。左手で口をすすいだ後、懐紙で手をふきます。

葬場祭

一般的な式次第を作成して行います。

  • 玉串奉奠(たまぐしほうてん)の順序を決め、順位帳に楷書で清書します。
  • 出棺は正式には出棺祭の後で行いますが、現在は、葬場祭の中に出棺の祭詞を含める場合が多いようです。
  • 故人との対面が終わると、柩のふたを閉じてふたに銘旗をつけ、柩に注連縄を巻くことがあります。
  • 出棺後、喪家(式場)に止まっている祓主及び修祓(しゅうばつ)係の祭員(神職)が祓除(ふつじょ)の儀を行います。

葬場祭後に行うこと

一般的な式次第を作成して行います。

  • 斎場から帰った時、門口で塩、手水の後に祭員が祓除の儀を行い、そのあと家(式場)に入り帰家祭(きかさい)(きかさい)を行います。
  • 遺骨をすぐに埋葬しない場合は忌明後に埋葬します。
  • 帰幽の日から10日毎に毎十日祭(まいとおかさい)を行い五十日祭を機に忌明けすることが多いようです。
  • 五十日祭の翌日、清祓(きよはらい)の儀を行い、神棚、祖霊舎、仮霊舎(かりのたまみや)、屋敷内を祓い清めます。その後、神棚、祖霊舎を封じていた白紙を除き、平常の生活に戻ります。
  • 五十日祭は墓前で行いますが、参列者数によっては斎場で行うこともあります。最近では合祀祭(ごうしさい)を併せ行うことが多いようです。
  • 百日祭、一年祭は霊前で行い、とくに一年祭を重視します。
  • 清祓の儀は百日祭、一年祭の翌日に、また清祓の儀の後で、合祀祭を行います。