法事・法要

法事・法要のご案内

四十九日忌までの法要

命日・・・ 亡くなられた日が命日になります。
お通夜・・・ 葬式の前夜、肉親・近所の方・知人・友人が集まり、日没から夜明けまで、亡くなった方の即身成仏・極楽往生を願い、静かに最後の一夜を共にします。
お別れのおとき・・・ 法事や法要が終わったあとの食事の席のことです。
お葬儀・・・ 正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を祈り、別れを告げる儀式のことを言います。
三日参り・・・ 骨上げの後、寺院に寄り読経を済ませてから家に帰ります。ここで茶菓子程度で簡単な法要をします。
精進上げ・・・ 火葬後、または葬儀・告別式の終了後に設ける宴席を一般に「精進上げ」「精進落とし」といいます。
初七日・・・ 亡くなった日から数えて7日目に営む法要
二七日・・・ 亡くなった日から数えて14日目に営む法要
三七日・・・ 亡くなった日から数えて21日目に営む法要
四七日・・・ 亡くなった日から数えて28日目に営む法要
五七日・・・ 亡くなった日から数えて35日目に営む法要
六七日・・・ 亡くなった日から数えて42日目に営む法要
七七日(しちしちにち)(忌明)・・・ 亡くなった日から数えて49日目に営む法要。四十九日の法要は、親戚、近親者、親しかった友人を招きます。また、この日に納骨埋葬を兼ねることが一般的です。

法事・法要プランはこちら

四十九日忌以降の法要

法事・法要プランはこちら