宗派別の作法

仏式の作法

香典袋の表書き

仏式の場合、一般的に四十九日法要までは「御霊前」を使用し、四十九日法要を過ぎたら「御仏前」を使用と言われていますが、浄土真宗では「霊」という言葉を使用しませんので四十九日前でも「御仏前」が適当です。
どの派でも使用できる表書きは、香をお供えするという意味を指す「御香典(奠)」となります。

表書き見本画像

ご焼香の作法

焼香は本来礼拝にあたって香をたき香気で清める行為です。
宗派によって「念珠のかけ方」「焼香の回数」「抹香の捧げ方」などの作法が違いますのでご注意ください。
但し、会葬者が多い時や、場所の都合により焼香の回数は一回でもかまいません。

浄土真宗 本願寺派

  1. 遺族に一礼し、仏壇(祭壇)に進み、 故人の遺影・位牌を見つめた後、合掌し一礼します。
  2. 親指、人指し指、中指で抹香をつまみ、焼香は額にいただかずにそのまま香炉の中へ落とします。焼香の回数は一回です。
  3. 改めて遺影に向かって合掌し一礼します。
念珠のかけ方

真宗 大谷派

  1. 遺族に一礼し、仏壇(祭壇)に進み、 故人の遺影・位牌を見つめた後、合掌し一礼します。
  2. 親指、人指し指、中指で抹香をつまみ、焼香は額にいただかずにそのまま香炉の中へ落とします。焼香の回数は二回です。
  3. 改めて遺影に向かって合掌し一礼します。
念珠のかけ方

曹洞宗

  1. 遺族に一礼し、仏壇(祭壇)に進み、 故人の遺影・位牌を見つめた後、合掌し一礼します。
  2. 親指、人差し指、中指で抹香をつまみ、1回目は目の高さぐらいまでに持上げ、香炉の中に落とし、二回目は、そのまま香炉に落とします。
  3. 改めて遺影に向かって合掌し一礼します。
念珠のかけ方

浄土宗

  1. 遺族に一礼し、仏壇(祭壇)に進み、 故人の遺影・位牌を見つめた後、合掌し一礼します。
  2. 親指、人指し指、中指で抹香をつまみ、目の高さぐらいまでに持ち上げ、香炉の中へ落とします。焼香の回数は三回です。
  3. 改めて遺影に向かって合掌し一礼します。
念珠のかけ方

真言宗

  1. 遺族に一礼し、仏壇(祭壇)に進み、 故人の遺影・位牌を見つめた後、合掌し一礼します。
  2. 親指、人指し指、中指で抹香をつまみ、目の高さぐらいまでに持ち上げ、香炉の中へ落とします。焼香の回数は三回です。
  3. 改めて遺影に向かって合掌し一礼します。
念珠のかけ方

日蓮宗

  1. 遺族に一礼し、仏壇(祭壇)に進み、 故人の遺影・位牌を見つめた後、合掌し一礼します。
  2. 親指、人指し指、中指で抹香をつまみ、目の高さぐらいまでに持ち上げ、香炉の中へ落とします。焼香の回数は三回です。
  3. 改めて遺影に向かって合掌し一礼します。
念珠のかけ方

臨済宗

  1. 遺族に一礼し、仏壇(祭壇)に進み、 故人の遺影・位牌を見つめた後、合掌し一礼します。
  2. 親指、人指し指、中指で抹香をつまみ、目の高さぐらいまでに持ち上げ、香炉の中へ落とします。回数にこだわりはありません。
  3. 改めて遺影に向かって合掌し一礼します。
念珠のかけ方

神式の作法

香典袋の表書き

神式の場合、水引きより上に「御玉串料」「御榊料」あるいは「御霊前」などの表書きを行い、水引きの下中央部分にに、自分の名前をフルネームで書きます。
香典袋は無地の熨斗袋に白黒または双白もしくは双銀の水引きのものなどを用います。

表書き見本画像

玉串奉奠の作法

  • ① 祭壇に進んで神官の前で一礼します。
    ② 玉串の根元を右に枝先を左にして受け取ります。
  • ③ 神官にもう一度礼をし祭壇前にある玉串奉奠台の前2~3歩のところまで進み、根元が手前にくるように時計回りに回して玉串の向きを変えます。
  • ④ 左手を根元に、右手を葉先に持ち変えます。
  • ⑤ 時計回りに180°回転し根元を祭壇に向け、玉串奉奠台の上に静かに玉串を捧げます。
    ⑥ 正面を向いたまま少し下がって二礼し音を立てずに二回拍手(しのび手)一礼します。再び神官に向かって一礼し、神前から下がります。

キリスト式の作法

香典袋の表書き

カトリック・プロテスタントのキリスト式の場合、「御献花料」「御花料」などの表書きを行います。
香典袋を選ぶ場合、白無地袋やユリの花、十字架などの絵が描かれたものがキリスト教式用です。
水引はあってもなくてもかまいません。

表書き見本画像

献花の作法

  • ① 献花係より花を受け取り花頭を右手に持って祭壇に一礼をします。
  • ② 右回りで花頭を手前に根元を祭壇に向けます。
  • ③ 献花台の上に静かに花を捧げます。
  • ④ 献花の後祭壇に向かい一礼をします。